PROFILE

Y.Ishii

スピニング部 リーダー候補/ 2004年入社

へら絞り・スピニングの仕事をやってみたいと思い当社に入社。
入社1年目からスピニング業務を行い実績を重ね、2020年スピニング部の発足にあたり、現在は部門のリーダー候補となった。

Q
現在の仕事内容を詳しく教えてください。
A

へら絞り・スピニングをやっています!
と言っても、ほとんどの人に伝わらないコアな仕事です。
簡単に紹介すると、テコの原理を駆使して板材を立体形状に加工する技術のことを指します。
この説明だと、とても簡単な作業に聞こえますが、実際やってみるとかなり難しいです。
力も多少は必要としますが、なによりも経験値がかなり関わってきます。まさに職人ワザ!
どのくらい力を入れれば良いか、何回で立体形状にすれば良いか、材料の種類や最終形状等いろいろな要因で変わります。
お客様が要望する形を試作・量産するのが私の現在の仕事です。

Q
なぜパパスに入社したのですか?
A

高校を卒業後、地元愛が強く相模原市内で就職活動をしていました。
その中で私の通っていた高校のOBがたくさん入社していると高校側から紹介があり一度工場見学をしました。
職人がやっている作業を見て、こんな硬い金属板を自分の力で曲げられるんだと感銘を受け、入社を決めました。
職場が自宅から近く車通勤できるのも魅力です。

Q
仕事で大切にしていることを教えてください。
A

常に成功するイメージを頭の中で考えることを大切にしています。
特に試作する際に重要で、製造の一連の流れを考え、成功するイメージを持ちながら作業をします。
例えば、「前工程でこんなことをしているから、いつものやり方では駄目だろう。」
「初めての材料だが、性質が過去にやったことがある材料に似ているから、あの時と同じようにやれば大丈夫だ。」
など、成功する要因を経験をもとに推測し、イメージすることを大切にしてます。

Q
どんな人に入社してほしいですか?
A

一番にものづくりに興味がある人ですね。
興味があれば、どんなに不器用な人でも日々練習していけば絶対に上達します。
私も全くやったことがないところからスタートしました。
正直、私の仕事は技術を習得するまでに数年または数十年かかります。
ただ、諦めずに何年も何年も挑戦し、今ではへら絞りという金属加工ができる日本職人の数少ない一人となりました。
私の技術が、お客さまの要望に貢献し世の中の暮らしを支える一部であるということにやりがいを感じています。
そのような達成感ややりがいを一緒に共有していきたいですね!

これから入社する方にメッセージ

実際にものづくりをしている現場を見ると、驚きや感動など何か感じるものがあると思います。
一度工場見学に来てみてください!
私たちと一緒に、目標をもって切磋琢磨していき
ましょう!

Oneday Schedule

ある1日のスケジュール
  1. 8:00 メール確認

    1日のスケジュール確認、進捗確認など

  2. 8:30 試作:へら絞り

    現場作業スタート

  3. 11:00 試作:寸法合わせ(切削)
  4. 11:30 試作:見積り
  5. 12:10 昼食
  6. 13:00 金型・治具の設置
  7. 15:00 現場作業
  8. 19:00 退社

    定時で帰る日もあります

他のインタビューを見る

\ ENTRY /

一緒にものづくりを追求する仲間を募集しております。皆様のご応募お待ちしております。

業務内容や募集要項はこちらから
VIEW MORE